背中や胸の大人ニキビ

背中や胸の大人ニキビに悩む人のための対策法

大人ニキビといえば、顔にできるものだけでなく、背中や胸にできるものもありますよね。顔の大人ニキビのように人目につくものではありませんが、あれも意外とやっかいな存在です。

 

背中や胸の大人ニキビ対策としては、どのようなことをしたらいいのか、ここではそれについてお話ししましょう。

 

背中や胸に大人ニキビができる要因は?

背中や胸に大人ニキビができる大きな要因として挙げられるのが、「ナイロンタオルやボディスポンジ等で、ゴシゴシと体を洗うこと」です。

 

どうしてこれがいけないのかというと、肌への刺激が強くなりがちなんですよね。さらに、ナイロンタオルやボディスポンジを使っている人の多くは、石けんよりも洗浄力が強いボディーソープを使っています。
「強力すぎる洗浄力でゴシゴシ」ということを続けると、皮膚がどんどん傷ついて刺激を受けてしまい、バリア機能を大きく低下させてしまうんですよ。バリア機能が低下すると、汗などの雑菌が肌の奥まで侵入しやすくなり、ニキビ発生・悪化のリスクを高めてしまいます。

 

あと「ゴシゴシ洗ったあとは肌がヒリヒリするからお風呂あがりに全身にボディクリームをつけている」というのは最悪ですね。そのクリームの油分がアクネ菌のエサになり、ますますニキビを悪化させてしまう可能性が高いのです。

 

ですから背中や胸に大人ニキビができている人は、まず「綿のタオルで石けんをよく泡立てて、決してゴシゴシ強くこすったりせず、やさしく洗う」という洗い方に変えてみましょう。メイクをしている顔と違って、体は大部分が衣服で保護されているので、1日で「ゴシゴシこすらなければいけないほどの汚れ」がつくことはないのです。

 

また、シャンプーやリンスの「不十分な洗い流し」にもご注特に、背中に大人ニキビが集中している人は、洗い流しきれていないシャンプーやリンスの成分が原因となっている可能性大ですよ。

 

入浴は湯船入浴が基本!

忙しいからとシャワー入浴ばかりを続けている人と、湯船入浴を心がけている人とを比べると、湯船入浴をきちんとしている人のほうが、背中や胸の大人ニキビ発生リスクは低くなります。

 

なぜかというと、湯船入浴をすると余分な皮脂や古い角質がやわらかくなって、きれいに落ちやすくなるんですよね。毛穴詰まりの2大原因の除去に、大いに役立つというわけなのです。

 

ただし、あまり長く湯船に浸かりすぎると、「お風呂あがりに大量の汗が出る」ということになり、この汗がニキビを悪化させる原因になりかねないので、「ほんのり汗をかく程度の湯船入浴で、湯上がり後はきちんと汗を拭き取る」ということを心がけましょう。

 

あと、湯船の中でも抗菌・殺菌をしたいなら、緑茶の茶葉を入浴剤代わりに使うのがおすすめですよ。カテキンによる抗菌・殺菌効果が期待できます。

 

綿の肌着を身につけよう

背中や胸に大人ニキビができている人は、「衣類による肌への刺激や汗での蒸れも最小限にする」ということを心がける必要があります。

 

チクチクする麻や、通気性が悪くて汗をかくとべたつくポリエステルの服を直接肌に触れさせるのはNG。綿の肌着を身につけて、肌を刺激と蒸れから守るようにしましょう。

トップへ戻る