大人ニキビに悩む人のための「飲み物」摂取の注意点

大人ニキビに悩む人にとって、なるべく避けたい飲み物、というものがあります。
ここではそれについてのお話をしましょう。

カフェイン飲料は控えめに!

コーヒーや紅茶・緑茶などのカフェイン飲料は、「仕事で頭をシャキッとさせるためには不可欠」と考えている人も多いでしょう。

 

もちろん、日中にこうしたカフェイン飲料を1〜2杯程度飲むだけなら別に問題はないのですが、それ以上の摂取をしたり、夜に飲んだりするのは困りものです。

 

カフェインは神経を覚醒・興奮させる作用がありますので、たくさん摂取したり、夜に摂取したりすると、睡眠の質に大きな悪影響を与える可能性が高いのです。
睡眠の質が悪いと睡眠中の新陳代謝がうまくいかず、それは当然肌細胞の質にも悪影響を与えてしまうことになります。

 

また、カフェインは刺激物質でもありますので、大量摂取による「ニキビそのものへの刺激」も気になるところですね。

 

大2杯まで、というのを守るようにしましょう。夜に飲み物が飲みたいなら、ノンカフェインのハーブティーやホットミルクがおすすめです。

 

「冷たい水分」の摂りすぎにもご注意!

ミネラルウォーターやノンカフェインの麦茶などは、飲み水として優秀な存在ですが、これらを冷やした状態でたくさん飲むのも実は良くないことです。

 

冷たい水分を摂りすぎると、体そのものの冷えを誘発し、これが代謝にも悪影響を与えてしまうんですよね。胃腸や腎臓などの器官にも大きな負担をかけてしまいます。

 

本来の理想は、人肌よりやや温かいくらいの温度での水分補給。それが無理でも、せめて「冷蔵庫でキンキンに冷やした水分ばかり摂る」というのは避けるようにしましょう。