大人ニキビとターンオーバー

MENU

ニキビとターンオーバー

皮脂が毛穴に詰まって発生して、そこへアクネ菌が増殖してニキビを悪化させるというのがニキビができる原因です。

 

ですから、これら原因を改善することが最善のニキビ治療とされています。

 

しかし、そういったニキビ治療ばかりに目がいってしまい、どうしても忘れがちになっているのが、ニキビができないようにすることこそが一番望ましいニキビ対応策であるということです。

 

ニキビができないようにするには、その原因を作らないような肌を維持することにあります。

 

そんな肌を維持しさえすれば、面倒なニキビ治療などに取り組む必要なんてなくなるというわけなのです。

 

キレイな肌を維持するにはターンオーバーが重要!

 

それではキレイな肌を維持するにはどうすればいいのでしょうか?

 

ここで重要となってくるのが肌のターンオーバーです。

 

肌は28日周期で新しいものへと生まれ変わっています。

 

これを肌のターンオーバーと呼ぶのですが、新しくできた表皮細胞は成長しながらキレイな角質へと変化して、肌を外敵から守るだけでなく、キレイな状態を保ちます。

 

そして、役目を終えた肌は剥がれて、また新しい肌が姿を現というわけです。

 

ニキビができにくい肌は、肌表面が十分な水分を含み柔軟な状態のものです。

 

つまり、ターンオーバーによって常にキレイで健康な肌が維持されている状態こそがニキビができにくい肌には必要不可欠ということになってくるのです。

 

正常なターンオーバーが重要!

 

しかし、この肌のターンオーバーは日常生活の生活バランスや食生活など様々な影響によって正常な働きができなくなります。

 

これによって、肌はキレイで健康な状態を維持できなくなり、ニキビのできやすい不健康な肌へと変貌してしまいます。

 

ですから、ターンオーバーがチャンと行われている状態が重要なポイントとなってくるのですが、このターンオーバーは遅くても早くてもいけません。

 

通常通りの28日周期と言われている正常なサイクルを維持しなくては、キレイで健康な肌を維持することはできないのです。

 

遅れると働きを終えた肌が留まることになるので、角質が古くなって固くなり、水分の少ない毛穴の開いた肌を作り上げニキビができやすい状態になります。

 

また、早ければ成長しきれていない場合も、肌細胞が角質となるために、従来の成長した肌細胞が作り上げる角質と比べて働きが未熟で十分な水分が維持できないために、剥がれやすいばかりか、水分維持ができずに毛穴が広がりやすいニキビができやすい肌となってしまうのです。

大人ニキビと関係の深いターンオーバーとは?関連ページ

ニキビができてしまう食べ物
チョコレートや甘いお菓子をやめられないという女性も多いのではないでしょうか。でも、それは大人ニキビ発生の原因になっているかもしれません。今一度自分の食事を見直してみましょう。
便秘とニキビ
便秘だと肌荒れ・ニキビができやすいと言われています。その理由は一体何なのか、解説していきます。
大人ニキビとストレス
思春期の頃のニキビの主な原因は皮脂ですが、大人ニキビの発生はストレスが大きく関わってきます。どうしてストレスが肌に関係してくるのでしょうか?