食事とニキビの関係

ニキビができる原因の一つが皮脂の過剰分泌ですが、
これは普段口にする食べ物や食生活と密接な関係性を持ちます。

 

つまり、普段の食事がニキビができる原因
となっていることも少なくないというわけなのです。

 

ですから、ニキビができやすい食べ物や食生活を知ることによって、
ニキビの改善ができるだけでなく、予防もできるのです。

 

ニキビの原因となる食べ物

 

ニキビの原因となる代表的な食べ物には、

 

  • ピーナッツ
  • アーモンド
  • チョコレート
  • 加工乳
  • 加工食品

などが挙げられます。

 

これらは皮脂を過剰分泌させる働きがあり、
これら食べ物を多く摂取し続ければ毛穴に皮脂が詰まりやすい状況を引き起こし、
そこへアクネ菌が増殖することで常にニキビが発生し続けるというわけです。

特に加工食品の摂取が日常的となっている現代人は、
ニキビができやすい食べ物を過剰に摂取している傾向が見られます。

 

ですから、これらニキビの原因となる食べ物の摂取を控え、
ニキビに良いとされれる食品の摂取を心がける必要があるというわけなのです。

 

ニキビの原因となる食生活

脂肪分や糖分は人間が健康に生活していく上で必要不可欠なものですが、
摂取しすぎると皮脂の過剰分泌を引き起こし、
ニキビができる原因となってしまいます。

 

ですから適量の摂取であれば問題ないのですが、
度を越えた摂取となる食生活はニキビ改善にはNGとなってくるのです。

 

ニキビ改善にNGとされる食生活の特徴には、

 

脂質・糖質過多

(皮脂腺を刺激して過剰分泌を引き起こす)

 

たんぱく質不足

(新しい皮膚生成が滞り、古い角質が毛穴を塞ぐこととなる)
(免疫力が低下し、アクネ菌の繁殖が活発になる)

 

ビタミン不足

(肌のターンオーバーを乱れさせ、抗酸化作用も低下してニキビを悪化させる)

 

必須脂肪酸の不足

(保湿力が低下するだけでなく、肌の再生のサイクルが乱れる)

 

などが挙げられます。

 

欧米型の食生活が主流となっている現在、
脂質や糖質の過剰摂取は目を覆うものがあり、

 

栄養の偏った摂取過多と
摂取不足を引き起こしているケースも少なくありません。

 

ニキビ改善のためには、まずは現在の食生活を見直し、
ニキビの原因となっている食生活の改善が必須というわけなのです。