大人ニキビとストレス

MENU

大人ニキビとストレスの関係

ニキビは青春の象徴と呼ばれていたのも今や昔の話で、現在はニキビは何も若い人だけを悩ませているわけではありません。

 

今は大人も多くの人が大人ニキビに悩まされており、思春期にできるニキビのようにその原因が簡単に断定できないという面倒な実態を引き起こしています。

 

大人ニキビの原因と考えられているものには、

 

・不規則な生活

 

・睡眠不足

 

・飲酒・喫煙

 

・ストレス

 

・ホルモンバランス

 

などがあります。

 

それでは今回は、現代病の原因にもよく挙げられているストレスとニキビの関係について見ていきたいと思います。

 

大人ニキビの原因で多いのがストレス

 

「ストレスは美容の敵」と昔から言われているように、実際にストレスと肌は密接な関係にあります。

 

それではストレスがどのような理由でニキビに関係してくるのかを紹介していくことにしましょう。

 

@ストレスが引き起こすホルモンバランスの乱れ

 

人はストレスを感じるとそれを抑制するための副腎皮質ホルモンと男性ホルモンを分泌します。

 

これは性別なく起こることなのですが、男性ホルモンは皮脂腺に作用して皮脂分泌を活性化させる働きを持ちます。

 

つまり、ストレスでホルモンバランスが崩れることによって、それを調整しようとする働きがニキビの原因である過剰な皮脂分泌を生み出して、ニキビができる原因となってくるというわけです。

 

Aストレスが肌のターンオーバーを乱れを引き起こす

 

ストレスが慢性的に継続するようになると、体内のあらゆる生理機能の低下が起こります。

 

その影響で血流の悪化が引き起こされるわけですが、血流は肌が健康でいるための栄養分を補給する重要な命綱となっています。

 

ですから、血流が悪くなると十分な栄養補給ができなくなり、肌は正常なターンオーバーができなくなってしまうのです。

 

すると、肌は健康な状態を維持できなくなり、水分の足りない毛穴の開いた状態へと変貌し、ニキビのできる原因となってくるというわけです。

 

Bストレスは活性酸素を過剰発生させる

 

活性酸素はメラニン色素の合成を促進させる性質があり、過剰発生すると皮膚炎や毛穴の黒ずみ、シミ、色素沈着などニキビができた後の状況を更に悪化させる状況を引き起こします。

 

ですから、活性酸素を大量に発生させる原因となるストレスは、ニキビ悪化を引き起こすだけでなく、肌の健康をも損なう状況を作り上げてしまうのです。

 

Cストレスがニキビ原因のスクワレン酸化を引き起こす

 

人間の皮脂にはスクワレンと呼ばれる酸化しやすい油脂成分が含まれており、ストレスはこのスクワレンの酸化を過剰に引き起こしてしまいます。

 

実はこのスクワレンの酸化時には連鎖的に皮脂を酸化させてしまい、酸化した皮脂は毛穴内に刺激を与えて詰まりやすい状況を引き起こし、ニキビのできる原因を作り上げてしまいます。

ストレスが大人ニキビを引き起こす!?関連ページ

ニキビができてしまう食べ物
チョコレートや甘いお菓子をやめられないという女性も多いのではないでしょうか。でも、それは大人ニキビ発生の原因になっているかもしれません。今一度自分の食事を見直してみましょう。
便秘とニキビ
便秘だと肌荒れ・ニキビができやすいと言われています。その理由は一体何なのか、解説していきます。
大人ニキビとターンオーバー
美肌にかかせないのがターンオーバー。しかしストレスや生活習慣の影響でターンオーバーが乱れると肌荒れやニキビの原因になってしまいます。それではターンオーバーとは一体何なのでしょうか?