生理前の大人ニキビについて

MENU

生理前ニキビの特徴

女性は男性にはない生理が周期的に訪れるために、その都度ホルモンバランスの影響で体調に様々な変化を生じます。

 

その一つが生理前ニキビです。

 

普段ニキビなんてできないのに、生理前に限ってニキビができるという人は少なくないでしょう。

 

それでは、その生理前ニキビの特徴や原因、その対処法について解説していくことにしましょう。

 

生理前ニキビの特徴と原因

 

生理前ニキビの特徴としては、顎やおでこ、こめかみといった皮膚の薄い部分にできやすい点が挙げられます。

 

そして、この生理前ニキビができる原因と考えられるのがホルモンバランスの乱れです。

 

この点に関しては薄々感じている人は多いかと思いますが、どういったメカニズムが働いてそうなってしまうということまで理解している人は少ないでしょう。

 

生理前には女性ホルモンの分泌量に大きな変化が起こります。

 

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2つがあり、排卵後にはエストロゲンが減少し、プロゲステロンが増加します。

 

これが生理前にニキビができやすくなる原因と考えられています。

 

エストロゲンは、肌の保水力やバリア機能に影響しており、減少するとこれら機能が低下して肌の乾燥を引き起こし、肌はハリがなくなり硬くなってしまうので毛穴が開き、角質が詰まりやすい状態となります。

 

また一方のプロゲステロンには皮脂の分泌を促進する働きがあります。

 

ですから、エストロゲンが減少して乾燥肌となり、プロゲステロンが増加して過剰な皮脂分泌を引き起こすことで、見事にニキビができやすい理想的な肌環境を作り上げてしまうというわけなのです。

 

また、排卵前には体調不良を引き起こすことになり抵抗力が落ちてしまいます。

 

これによって細菌などへの感染もしやすくなるので、これもニキビができやすい原因ともなってきます。

 

生理前ニキビの対処法

 

それでは、生理前ニキビの対処法はどのように対応すればいいのでしょうか。

 

主な対処法には、

 

・生理周期に合わせた生活習慣を身に付ける

 

・十分な睡眠をとる

 

・ストレスを溜めない

 

・適正なスキンケアを心がける

 

・メイクは控える

 

・顔に触れるものは清潔さを心がける

 

などが挙げられます。

 

基本的にはホルモンバランスの乱れがニキビの原因となってくるので、ホルモンバランスに大きな影響を及ぼす睡眠やストレスは特に気をつける必要があります。

 

また、生理周期に合わせた適正な食事やスキンケアを取ることも重要なポイントです。

 

しかし、生理前に大きな体調変化が起こるのは、日常の生活習慣にも大きな問題が潜んでいる可能性があります。

 

生理前だけではなく、日頃のケアを心がけて、正常なホルモンバランスや正常なターンオーバーが行われる健康な肌の維持に務めるよう心がけることも重要なポイントと言えるでしょう。

生理前にできるニキビの原因と対処法関連ページ

頬ニキビの発生原因
大人ニキビは発生する部位によって原因が変わってきます。それぞれのタイプ別に発生原因を見ていきましょう。
おでこ・Tゾーンにできるニキビの原因
大人ニキビは発生する部位によって原因が変わってきます。それぞれのタイプ別に発生原因を見ていきましょう。
思春期ニキビと大人ニキビの違い
十代の頃は、ニキビができたらしっかり洗顔をして薬を塗れば治っていたのに、今同じ対処法をしても治らないといった悩みはありませんか?実は思春期ニキビと大人ニキビの原因には少し違いがあるのです。
赤ニキビとは
大人ニキビは色によって原因や対処法が変わってきます。それぞれのタイプ別に見ていきましょう。
白ニキビとは
大人ニキビはその色によって原因や対処法が変わってきます。それぞれのタイプ別に見ていきましょう。
黒ニキビとは
大人ニキビは発生する色によって原因や対処法が変わってきます。それぞれのタイプ別に見ていきましょう。