大人ニキビの原因となる乾燥

MENU

乾燥肌とニキビの関係

ニキビといえば、皮質の多いオイリー肌に人にできるというイメージが強いかと思いますが、実はオイリーな感じとは全く無縁の乾燥肌もニキビができやすい肌なのです。

 

何で?と思われる人は多いかもしれませんが、今流行りの大人ニキビの原因の一つに乾燥肌が挙げられているので、自分は乾燥肌だからニキビはできにくいと思い込んでいる人は要注意というわけなのです。

 

それでは、一見ニキビとは無縁に見える乾燥肌にどうしてニキビができやすいのかを解説していくことにしましょう。

 

皮脂の役割

 

それでは乾燥肌にニキビができやすい原因を仮設する前に、まずはニキビの原因とも言われている皮脂について説明していくことにしましょう。

 

皮脂はニキビの原因であるだけでなく、見た目も悪いオイリー肌を作り上げてしまうので歓迎できないというのが一般的な意見だと思います。

 

しかし、この皮脂は肌を外敵から守るためのバリア機能の役割を担っており、実は健康的な肌を維持する上で必要不可欠なものでもあるのです。

 

過剰分泌してしまうと肌に弊害を引き起こす原因ともなりますが、適正な分泌量は維持しなければならない必要不可欠なものということなのです。

 

乾燥肌と皮脂の関係

 

以上のように、皮脂は肌のバリア機能を担っているので、適正な分泌量は必要だということは理解していただいたかと思います。

 

そこで、次はその皮脂と乾燥肌の関係ですが、乾燥肌の場合、この皮脂が極端に少ない状態になってしまいます。

 

すると、皮脂が少ない肌は十分なバリア機能が働かないために、足りない皮脂を分泌してやろうという自己防衛機能が働くのです。

 

ですが、いくら皮脂を分泌しても乾燥肌の場合、皮脂量の維持ができないために、それを補おうとして更に皮脂の分泌が促進されます。

 

ですから乾燥肌の場合、自己防衛機能が幸いして止めどない皮脂の過剰分泌が繰り返される状態となってしまうというわけです。

 

こういった理由で、皮脂の過剰分泌はすなわちニキビができやすい状態ですから、一見ニキビができる肌環境とは考えにくい乾燥肌も、実はニキビのできやすい肌環境となってしまっているのです。

 

また、水分量の少ない乾燥肌は硬く、ハリのない不健康な状態となってしまいます。

 

その上、いくら皮脂が過剰分泌してもそれを維持するだけの力がないために細菌やホコリ等から肌を守ることができないばかりか、不健康な状態の肌は免疫力も低下してしまっているので、通常ではニキビができるはずのない少しの皮脂量でもニキビができてしまいます。

 

つまり乾燥肌は、皮脂の過剰分泌を引き起こすだけでなく、免疫力の低い不健康な肌であるというニキビができやすい原因をダブルで引き起こしている状態というわけなのです。