大人ニキビと思春期ニキビの違い

MENU

思春期ニキビ・大人ニキビの特徴、違い

一昔前ならば、ニキビは思春期だけにできるもので、大人になってからニキビに悩まされるなんてことはありませんでした。

 

しかし、今では思春期ニキビに対して大人ニキビと呼ばれるニキビが誕生しており、大人になってからもニキビに悩まされている人は少なくありません。

 

しかし、この思春期ニキビと大人ニキビとでは、同じニキビであってもその特徴や原因は全く異なっています。

 

ですから、大人ニキビを改善しようと、昔行った思春期ニキビと同じ対策を行っても全く効果がないのが実情なのです。

 

それでは最適な対策を打つためにも、今回はこの思春期ニキビと大人ニキビの特徴とその違いについて解説していくことにしましょう。

 

思春期ニキビ・大人ニキビの特徴と違い

 

思春期ニキビと大人ニキビの一番の違いは、ニキビができる原因です。

 

思春期ニキビは思春期に起こるホルモンバランスの乱れによっておこる皮脂の過剰分泌が原因とされていますが、大人ニキビの原因は睡眠・食生活・運動・喫煙・飲酒などの生活習慣全般や、ストレスなど思春期ニキビのようにひとつに絞りきれず、様々なものが原因となってきます。

 

ですから大人ニキビは、対策が講じやすい思春期ニキビと違い、まずはニキビができる原因が何なのかを見つけ出さないことには効果のあるニキビケアを行うことはできないという厄介な問題があるのです。

 

これが思春期ニキビと大人ニキビの一番の違いであり、その特徴とも言えるのです。

 

そして両者の大きな特徴としては、ニキビができる場所も挙げられます。

 

思春期ニキビの場合は、皮脂量の多いおでこ・Tゾーンにニキビができやすいのですが、大人ニキビの場合は、皮脂量の少ない頬やフェイスライン、首筋などにも発生します。

 

つまり大人ニキビは、皮脂量の多い少ないに関係なくできてしまうというわけなのです

 

なんで大人ニキビは皮脂量に関係なくできるの?

 

それでは、大人ニキビはニキビができる原因である皮脂量の多い場所以外にもできるのでしょうか?

 

これは、大人ニキビのできる原因である生活習慣全般やストレスが大きな原因となってきます。

 

生活習慣の乱れやストレスは体調や精神に大きな影響を与えて、血流の悪化やホルモンバランスの乱れなどを引き起こし、正常な体内活動を阻害することになります。

 

これに伴って肌も不健康な状態となり、健康な肌状態を維持できなくなるのです。

 

そこで引き起こされる一つの症状が肌の乾燥です。

 

乾燥肌に悩まされている人は多いかと思いますが、肌は乾燥すると皮脂の過剰分泌を引き起こします。

 

これが大人ニキビの原因となるのですが、大人ニキビの場合、健康でない衰えた肌状態がさらに影響して、少しの皮脂量でも影響を受けやすい状態となっています。

 

ですから、大人ニキビは皮脂の少ない場所でもニキビができやすくなってしまうというわけなのです。

思春期ニキビと大人ニキビってどう違うの??関連ページ

頬ニキビの発生原因
大人ニキビは発生する部位によって原因が変わってきます。それぞれのタイプ別に発生原因を見ていきましょう。
おでこ・Tゾーンにできるニキビの原因
大人ニキビは発生する部位によって原因が変わってきます。それぞれのタイプ別に発生原因を見ていきましょう。
生理前ニキビについて
生理前の悩みと言えば、イライラ・眠気・そしてニキビ。どうして生理前になるとニキビができやすくなるのでしょうか?
赤ニキビとは
大人ニキビは色によって原因や対処法が変わってきます。それぞれのタイプ別に見ていきましょう。
白ニキビとは
大人ニキビはその色によって原因や対処法が変わってきます。それぞれのタイプ別に見ていきましょう。
黒ニキビとは
大人ニキビは発生する色によって原因や対処法が変わってきます。それぞれのタイプ別に見ていきましょう。