大人ニキビの正しいスキンケア

MENU

ニキビにはしっかり保湿を

美肌維持のためには欠かせない保湿ですが、これはニキビ対策にも同じことが言えます。

 

シッカリと保湿することでニキビのできにくい肌を維持するだけでなく、ニキビの早期完全にも繋がります。

 

それでは、ニキビ対策のために保湿がいかに重要であるのかを解説していきながら、その保湿方法について紹介していくことにしましょう。

 

ニキビ対策に保湿が重要なわけ

 

最近はやりの大人ニキビですが、この原因の多くは乾燥肌だと言われています。

 

乾燥肌は水分量が少ないために角質層が効果してしまい、毛穴の開閉ができにくい状態となるので毛穴内に分泌された皮脂が溜まってしまい、少量の皮脂でもニキビができやすい状態となってしまいます。

 

また、乾燥肌は肌のターンオーバーも乱してしまうだけでなく、肌のバリア機能も低下させてしまいます。

 

このように、乾燥肌をズッとそのままにしておけば、ニキビができやすい状態を促進させて、ニキビが絶えずでき続けるという悪循環を引き起こすことになるのです。

 

ここで注目してもらいたいのが保湿です。

 

乾燥肌にならない為には、肌が十分な水分量を維持できるだけの保湿力が必要不可欠です。

 

保湿性が高く十分な水分料を維持できている柔軟な肌はターンオーバーが正常に行われ、健康な状態を維持することができるので、ニキビもできにくく、できたとしても早期回復が望める理想的な肌となります。

 

理想的な保湿方法は?

 

最も一般的な保湿方法は化粧品によるものと勘違いしている人も多いのですが、化粧品による保湿の目的は本来肌がもっている保湿力の回復のサポートです。

 

本来持ち合わせている保湿力は、

 

・皮脂

 

・天然保湿成分

 

・細胞間脂質

 

の3つが上手く作用して発揮されます。

 

皮膚表面では皮脂が膜となって水分の蒸発を防ぐ働きを発揮し、皮膚の内側では、角質層への水分供給を行いながら吸湿性を発揮する天然保湿成分と、細胞の隙間を満たしている細胞間脂質の2つが角層の水分保持を担って肌の潤い維持に大きく貢献しているのです。

 

ですから、化粧品による保湿対策はあくまでも天然保湿力が回復するまでのサポートであり、最終的な目的はこの天然の保湿力の機能回復にあるということなのです。

 

天然保湿力を向上するには?

 

それでは、この天然保湿力を向上する方法について紹介していくことにしましょう。

 

ポイントは次の2点です。

 

@過度の洗顔を控える

 

A化粧品によって保湿を補う

 

洗い過ぎには注意して、必要な潤いは残したままで、余分な汚れや皮脂だけを洗い流すようにしましょう。

 

過度の洗顔は保湿成分を含む角質を傷つけることとなり、いつまでたっても天然保湿力の回復は見込めません。

 

また、現状の保湿力を補うために必要な分だけ化粧水や乳液などの化粧品を利用するようにしましょう。

 

保湿力にこだわり過ぎた過度の化粧品利用は、却って肌に刺激を与えることとなり、悪い状況となることも考えられます。

 

使用する化粧品もちゃんと厳選して、肌状態に合った適正な保湿ケアができるように心がけるようにしてください。