大人ニキビと便秘

MENU

便秘とニキビの関係

知らない人も多いかと思いますが、実はニキビと便秘の間には密接な関係が存在するのです。

 

ですから、ニキビができやすい人に便秘がちな人が多いのも周知の事実というわけです。

 

便秘は多くの人が悩まされている深刻な問題ですが、ニキビと便秘を同時に発症している人はニキビ治療に時間をかけるよりも、まずは便秘治療を最初に行った方が最終的には効果的な治療結果が生まれることも珍しい話ではないのです。

 

便秘だとニキビができてしまう理由

 

それでは、何で便秘だとニキビができやすい状況となってしまうのでしょうか?

 

便秘とは従来体内にあるべきでない食べ物のカスなどの老廃物が腸内に堆積している状態です。

 

そしてこれら老廃物の堆積が続く事になると、これら老廃物はアンモニアなどの有害物質を発生することとなります。

 

すると、これら有害物質は血流に乗って体内を巡り、ニキビを作り出す原因となりというわけです。

 

また、老廃物が堆積すれば腸内では悪玉菌が過剰発生します。

 

すると体内では悪玉菌による有害物質の発生を阻止しようと、活性酵素の発生が促進されます。

 

この活性酵素こそがニキビの状態を悪化させる原因にもなってくるのです。

 

活性酵素にはニキビの炎症を促進する働きがあるので、便秘が長ければ長いほどニキビができやすい状況を引き起こし、そのニキビをも悪化させてしまうという二重苦を引き起こしてしまうわけです。

 

対策方法

 

便秘によるニキビはニキビ治療だけでは十分な効果を得ることは不可能です。

 

まずは、ニキビを引き起こす原因である便秘の解消こそが一番の近道となってくるでしょう。
便秘の解消には十分な睡眠量とストレス軽減だけでなく、腸内環境を正常化させる食物繊維や乳酸菌の積極的な摂取、腸の蠕動運動を活性化させるための適度な運動が有効とされています。

 

まずは食生活と日常の生活スタイルを見直すことで便秘を解消してお悩みのニキビ肌を改善するように努めてみましょう。

便秘がちだとニキビができるって本当?関連ページ

ニキビができてしまう食べ物
チョコレートや甘いお菓子をやめられないという女性も多いのではないでしょうか。でも、それは大人ニキビ発生の原因になっているかもしれません。今一度自分の食事を見直してみましょう。
大人ニキビとストレス
思春期の頃のニキビの主な原因は皮脂ですが、大人ニキビの発生はストレスが大きく関わってきます。どうしてストレスが肌に関係してくるのでしょうか?
大人ニキビとターンオーバー
美肌にかかせないのがターンオーバー。しかしストレスや生活習慣の影響でターンオーバーが乱れると肌荒れやニキビの原因になってしまいます。それではターンオーバーとは一体何なのでしょうか?