ニキビ跡とは

MENU

ニキビ跡の種類

ニキビは早期治療を心がければ肌はダメージを受けることなく、治った後もキレイな肌を維持することができます。

 

ですが、悪化したニキビを長期にわたって患った場合には、その過程で周囲組織がダメージを受けてしまうために、治った後も傷として残ってしまうことも少なくありません。

 

ですから、キレイな肌を維持するためにも早期治療や予防対策が重要となってくるのです。

 

ニキビ跡の種類

 

周囲組織が破壊されることによってできたニキビ跡は大きく3つに分類することができます。

 

@クレーター状のニキビ跡

 

クレーター状のものはニキビ跡の中でも最も酷い状態と言われ、ニキビ周辺に強い炎症が起こって、肌の深層部である真皮層まで破壊された状態です。

 

皮膚表面の傷跡ならば、その後の肌のターンオーバーで徐々に回復されていくのですが、深層部の真皮層が破壊された状態だとそれも望めないために、肌はずっと凸凹となった深刻なダメージを引き起こした状態です。

 

A赤いニキビ跡

 

ニキビが悪化して赤ニキビとなった場合、ニキビは赤く炎症してなかなか治りにくい状態となってしまいます。

 

こうなるとニキビが治ったとしても、この赤みだけが残ってしまうこととなり赤いニキビ跡となります。

 

これは、傷ついた皮膚を修復再生しようと皮膚の表面化を流れる毛細血管が大きくなって、流れる血液が皮膚を通して見えてしまうことが原因です。

 

B色素沈着

 

ニキビによって皮膚が炎症を起こすと、皮膚下ではそれから皮膚を守ろうとして大量のメラニンが生成されます。

 

これによって茶色いシミ上の色素沈着を引き起こしてしまいます。

 

また、赤いニキビ跡と同様に、皮膚の修復再生のために毛細血管が大きくなるのですが、時にはこの毛細血管が破裂してしまい、その際に流れ出た血液が皮膚組織に染み込むことによって紫や赤黒い色素沈着を引き起こします。

 

それぞれのニキビ跡の対処法

 

それでは、これらニキビ跡の対処法についてそれぞれ解説していくことにしましょう。

 

@クレーター状のニキビ跡

 

先程も申しましたが、このニキビ跡はホームケアで回復することはできません。

 

真皮層のコラーゲン組織が破壊されて凸凹の状態となってしまっている状態ですから、破壊されたコラーゲン組織の再生を行わないことには、以前の平らな皮膚状態に戻すことは不可能です。

 

治療法としては、専門のクリニックでレーザー治療や、ピーリング、ヒアルロン酸注入などの専門治療を施すことになるでしょう。

 

A赤いニキビ跡

 

これは皮膚の修復再生のために毛細血管が大きくなっていることが原因ですから、時間とともに正常に戻ることがほとんどです。

 

ですが、正常な状態に戻るまでの期間には個人差があり、直ぐに治ってしまう人もいれば、1年以上もの長い期間が必要になる場合もあります。

 

あまりに治りが遅い場合には、専門のクリニックで相談してみるのもおススメの方法でしょう。

 

B色素沈着

 

色素沈着の場合も赤いニキビ跡と同様に、時間とともに正常に戻ることがほとんどです。

 

正常な肌のターンオーバーを維持すれば、肌の再生とともにだんだんと薄くなり、やがて消えてなくなります。

 

しかし、色素沈着が濃い場合には消えるまでにかなりの期間が必要となるので、早期改善したい場合には専門のクリニックで適切な処置をしてもらうことをおススメします。