頬にできた大人ニキビの原因

MENU

頬にできるニキビの特徴、原因

頬ニキビは治っても治っても繰り返しできる上、赤く腫れることが多いので、女性の人は悩みに思っている人も多いことでしょう。

 

思春期ニキビでも頬ニキビはできるのですが、どちらかといえば頬ニキビは大人ニキビに多い症状と言えます。

 

これは頬ニキビ自体の特徴が大きく関係しているからで、早く改善するためには、その特徴と原因についてよく理解しておく必要があります。

 

頬ニキビの特徴

 

通常ニキビができる際には、皮脂の過剰分泌が必ず原因に挙げられます。

 

しかし、頬は顔の中でも皮脂分泌が少ない場所なので、本来ならしつこく繰り返しニキビができること自体、不思議なことなのです。

 

それでは何故、皮脂分泌の少ない頬にニキビができるのか、これこそが頬ニキビの特徴でもあり、この特徴を生むこととなる原因こそが頬ニキビ改善の大きなヒントとなってくるのです。

 

頬ニキビができる原因は?

 

それでは、皮脂量の少ない頬にニキビができやすいのはどういった理由があるのでしょうか?

 

@乾燥肌もニキビの原因に…

 

健康な肌は十分な水分量を含んでおり、肌を外敵から守る肌バリアを形成しています。

 

しかし、水分量が十分でない乾燥肌は肌を固くして毛穴開きを引き起こすだけでなく、肌バリア機能が働いていないためにほんの少しの皮脂量でも毛穴詰まりを起こしやすくなります。

 

特に大人ニキビの原因でもあるストレスは男性ホルモンを過剰発生し、皮脂量を排出させるので、乾燥肌と相乗効果を発揮して更にニキビができやすい状態の肌を作り上げてしまうのです。

 

A外的刺激が頬ニキビの原因に…

 

大人ニキビのできる原因には様々なものがありますが、その中でも注目してもらいたいのが外的刺激で、これは頬ニキビを作り出す大きな原因の一つなのです。

 

@枕についた雑菌による刺激

 

頬ニキビが決まって片側だけにしかできないという人は、枕カバーが原因かもしれません。

 

枕カバーを毎日取り替えているという人はあまりいないと思いますが、実は枕カバーには驚く程の雑菌が繁殖しています。

 

ですから、取り替えていないまくらカバーには驚く程の雑菌が住み着いているのです。

 

そんな状態の枕に頬をつけて寝ていればニキビができるのも納得がいきますよね。

 

A細菌だらけの手による刺激

 

子供の頃は手洗いを厳しく言われますが、大人になってからも手洗いに注意しているという人は意外と少ないことでしょう。

 

しかし、キレイに見える手でも、手はありとあらゆるところに触れるので、実は色々な細菌が付着しているのです。

 

人は無意識に頬を手で触ったりする行為が多いために、その都度、頬には手についた細菌が付着していることとなります。

 

これが頬ニキビを作り出す原因の一つなのです。

 

赤みや炎症、痒さなどの症状の頬ニキビは手による細菌が原因と考えていいでしょうね。

頬ニキビの発生原因関連ページ

おでこ・Tゾーンにできるニキビの原因
大人ニキビは発生する部位によって原因が変わってきます。それぞれのタイプ別に発生原因を見ていきましょう。
思春期ニキビと大人ニキビの違い
十代の頃は、ニキビができたらしっかり洗顔をして薬を塗れば治っていたのに、今同じ対処法をしても治らないといった悩みはありませんか?実は思春期ニキビと大人ニキビの原因には少し違いがあるのです。
生理前ニキビについて
生理前の悩みと言えば、イライラ・眠気・そしてニキビ。どうして生理前になるとニキビができやすくなるのでしょうか?
赤ニキビとは
大人ニキビは色によって原因や対処法が変わってきます。それぞれのタイプ別に見ていきましょう。
白ニキビとは
大人ニキビはその色によって原因や対処法が変わってきます。それぞれのタイプ別に見ていきましょう。
黒ニキビとは
大人ニキビは発生する色によって原因や対処法が変わってきます。それぞれのタイプ別に見ていきましょう。