大人ニキビとタバコ・お酒の関係

MENU

喫煙・飲酒と大人ニキビの関係

大人ニキビを誘発・悪化させる要因のひとつとして、「喫煙および過度の飲酒」というものが挙げられます。

 

喫煙や飲酒がどういう理屈で大人ニキビを誘発・悪化させる要因となるのか、ここではそれを見ていきましょう。

 

喫煙は、大人ニキビにとって「悪いことだらけ」の存在!

大人ニキビに悩みつつも喫煙をしている・・・という人は、それだけで「大人ニキビの問題解決を放棄している」も同然の状態と言っていいでしょう。

 

なぜなら、喫煙によって受けるタバコの煙の害は、とにかく大人ニキビにとって「悪いことだらけ」だからです。

 

タバコの煙にはたくさんの有害物質が含まれており、これが血管を収縮させて血行を阻害することで、血液によって細胞に運ばれる酸素が不足気味になり、肌の新陳代謝などに悪影響を与えてしまいます。また、肌老化等の大きな原因となる活性酸素も大量発生させてしまいます。

 

さらに、タバコの煙はビタミンの消費もしてしまう存在です。特にやっかいなのが、肌の健康に欠かせないビタミンCを大量に消費してしまいます。ビタミンCは活性酸素の発生を抑制してくれるだけでなく、コラーゲン生成をサポートするなど、肌の再生・修復には絶対に欠かせない存在なのですが、タバコの煙の有害物質のせいでこれが消費され尽くしてしまうわけです。

 

大人ニキビを抑制し、早く治すには、肌の健康状態を取り戻すことが第一なのに、喫煙によって、それがすべてぶち壊しになってしまうということですね。

 

もちろん、喫煙による悪影響は「大人ニキビを誘発・悪化させる」というだけではありません。ガンや動脈硬化など、恐ろしい病の引き金となってしまう存在でもあるので、「タバコはやめたくないから、大人ニキビができるのは仕方ないとあきらめよう」で済まされる問題ではありませんよ。一刻も早い禁煙を目指しましょう!

 

大人ニキビに悩む人の飲酒、どこまでOK?

さて、大人ニキビに対して「喫煙は絶対にダメ」という結論が出たわけですが、じゃあ飲酒についてはどうなのかというと。

 

これは、「ニキビが炎症を起こしている状態でなければ、適量までの飲酒はOK」と言った感じですね。

 

 

適量のアルコールは、血行促進による新陳代謝の活性化をうながしてくれる効果も期待できるんですよ。

 

ただし、ニキビがすでに炎症を起こしている時は、血行が良くなるとかえって悪化することもあるので、赤ニキビや黄ニキビができてしまっている段階の飲酒は、控えるべきだというわけです。

 

また、「適度の飲酒はOKで過度の飲酒がダメなのはどうしてか」というと、
アルコールを大量摂取すると、その分解のために体内のビタミンが消費されるからです。
 
特に消費されやすいのがビタミンB群で、これが不足しすぎると皮脂に老廃物が混じりやすくなったり、皮膚そのものの健康状態に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

また、アルコールを摂取しすぎると、眠りが浅くなる傾向が強くなる、と言うのも医学的にはよく知られていることです。アルコールを大量摂取すると、体内で分解する際に「アセトアルデヒド」という成分が大量に生成され、これが眠りを浅くしてしまうんですよ。
 
「お酒を飲んだら眠くなる」という経験を持つ人は多いと思いますが、アセトアルデヒド大量分泌という状態では、たとえ寝つきだけは良くなったとしても、肝心の眠りの質が悪くなってしまうというわけなんですね。

 

じゃあ「お酒が好きでも禁酒しなければいけないのか」というと、そこまで極端なものでもありません。ストレス緩和をする意味でも、適量を飲む程度ならOKですよ。