大人ニキビのでき方

MENU

大人ニキビはこのように悪化していく

大人ニキビというのは基本的に「できてしまったら、適切なケアをしない限りは、どんどん悪化していく可能性が非常に高い」という存在。

 

では、実際に大人ニキビはどのようにして悪化していくのでしょうか。その流れを見ていきましょう。

 

正常な毛穴の状態と、大人ニキビになる毛穴の違いとは?

正常な毛穴というのは、「皮脂腺から分泌された皮脂が、ちゃんと排出されている状態」ということになります。

 

ですから「脂取り紙を使ったら、毛穴がどこかはっきりわかるぐらい皮脂が出ている」と嘆く人がいますが、むしろこれが正常なんですよ。ちゃんと毛穴から皮脂が排出されている証拠です。脂取り紙はごく微量の脂でも「べったり脂がついた」と錯覚させるような仕様になっていますしね。

 

逆に、脂取り紙で皮脂がまったく取れないことのほうが、よほど問題ですよ。
なぜならそれこそ、「毛穴が詰まって皮脂を外に排出できず、これから大人ニキビを形成してしまう可能性がきわめて高い」というサインなのですから。

 

大人ニキビが悪化していく流れはこうだ!

角質や皮脂などで毛穴が詰まり、皮脂が排出できなくなると、当然のことながら排出できない皮脂は毛穴の中に溜まっていきます。
そうするとそのうち、肌に「白っぽく見えるプツッとしたニキビ」ができるようになります。これがいわゆる、「白ニキビ」と呼ばれるもの。ニキビの初期症状のひとつです。

 

また、「皮脂の排出はスムーズではないけど、完全にふさがれたわけではない」という状態になった場合は、毛穴の出口に溜まった皮脂が空気に触れることで酸化して黒くなり、毛穴そのものが黒く見えるという「黒ニキビ」になります。

 

黒ニキビと違って、完全に毛穴の出口がふさがった状態の白ニキビを放っておくと、いわゆる「アクネ菌(アクネ桿菌)」が、溜まった皮脂をエサにして毛穴の中で増殖を始めます。このアクネ菌の増殖によって毛穴と周囲組織が炎症を起こすと、「赤ニキビ」の状態となります。こうなると、ニキビを触っただけでも痛みを感じるのが分かるはず。赤ニキビの赤色は、炎症による腫れの色なんですよ。

 

そしてニキビの末期の姿といえるのが、赤ニキビからさらに進行した「黄ニキビ」です。黄ニキビはニキビが炎症を起こしただけでなく、膿まで持ってしまった状態を指します。こうなると毛穴だけでなくその周辺の皮膚組織もかなりのダメージを受けてしまっているので、ニキビの炎症がおさまったあとも、ニキビあとが残ってしまう可能性が非常に高くなるのです。

 

特に、膿の範囲が広く、皮膚組織の「真皮層」まで破壊してしまった黄ニキビは、クレーターなどの凸凹がずっと残ってしまう可能性がきわめて高いですよ。
真皮層は、肌の新陳代謝の際「新しい皮膚組織を生み出す」というのに欠かせない存在ですからね。ここが破壊されてしまうと、肌の新陳代謝そのものが正常にできなくなってしまうというわけです。

大人ニキビの悪化の仕方とは?記事一覧

 

大人ニキビができてしまったら、「それをいかに悪化させないようにするか」というのが大切なポイントとなってきます。赤ニキビ・黄ニキビという、中期末期のニキビになってくると、見た目が気持ち悪いだけでなく、炎症が治まってもその後のニキビあとが残りやすくなってしまいますしね。大人ニキビを悪化させる要因にはどんなものがあるか、知っておきましょう。大人ニキビを悪化させる要因はこれだ!大人ニキビを悪化させる要因は...