ニキビを予防するピーリング

MENU

ピーリングでニキビ予防

ピーリングとは、古くなった肌の角質を取り除いてやり、新しい角質の肌へと生まれ変わらせてやる方法で、今では多くの人が美肌目的のために行っています。

 

しかし、このピーリングは美肌効果だけでなく、ニキビ予防にも大きな効果があると言われており、定期的なピーリングを行ってやることでニキビ予防効果を生み出すことが可能です。

 

ニキビ予防にピーリングがいい理由

 

それでは美肌に効果があるとされていたピーリングが何でニキビ予防効果があるということになったのでしょうか?

 

これには肌のターンオーバーが大きく関係しています。

 

人の肌は28日周期で新しく生まれ変わっており、これを肌のターンオーバーと呼ぶのですが、このターンオーバーが正常に行われなくなってしまうと古い角質がいつまでも残ったままで毛穴の詰まりやすい肌状態となってしまいます。

 

そうなると毛穴には汚れや角質、皮脂が詰まりやすくなって、ニキビができやすい肌へと変貌してしまうのです。

 

ですからニキビのできにくい肌を維持するためには、正常なターンオーバーこそが重要なポイントとなってくるのです。

 

しかし、肌のターンオーバーは年齢だけでなく生活習慣など様々なことが原因して乱れがちとなっている人も少なくありません。

 

そこで、通常なら自然に行われる肌のターンオーバーを定期的なピーリングで人為的に行い、新しく健康な肌へと生まれ変わらせることで結果的にニキビができにくい肌が維持できることとなり、ニキビ予防効果が生み出されるというわけなのです。

 

ピーリングの方法

 

ピーリングは角質を浮かせて落としやすくする薬剤を肌に塗布して、古い角質を除去します。

 

使用する薬剤には様々なものが用意されていますが、現在は肌への刺激の少ないフルーツ酸などが一般的には多く利用されています。

 

ピーリングはクリニックや美容サロンなど専門家の手によって処置してもらうことができますが、現在では専門機関で使用するピーリング剤よりも効果が薄く安全性の高いピーリング石鹸が販売されているので家庭で行うことも可能です。

 

しかし、ピーリングは肌状態に合わせてピーリング剤の濃度と放置時間を決めるのが一番効果的な方法である上、ピーリング後には肌トラブルを引き起こす可能性も考えられるので、まずは専門機関での処置を受けてみることをおススメします。

 

その後、ピーリング石鹸を使用した効果と比較して、今後の実施をどうするか検討するのが一番安全な方法と言えるでしょう。