大人ニキビと肌質の関係

MENU

大人ニキビは「オイリー肌」じゃなくてもできる!?

ニキビはどうしても「オイリー肌にできやすい」というイメージがあります。
確かに、10代の頃のニキビというのは、成長期で皮脂分泌が活発だから、その皮脂が毛穴に詰まってできるというのが定説ですよね。

 

ですが、大人ニキビの場合は、オイリー肌の人だけでなくドライスキン、
つまり乾燥肌の人にもできてしまうのが事実。
というか、むしろ乾燥肌で大人ニキビに困っている人のほうが多いくらいでしょう。

 

では、大人ニキビがオイリー肌以外の人にもできる理由は何なのでしょうか。

 

大人ニキビの毛穴の詰まりの原因とは?

大人ニキビは、皮脂が詰まることだけで発生するわけではありません。実は他にも、大きな毛穴詰まりの原因があるんですよ。

 

それは・・・「角質」です。

 

古い角質がきちんと落ちなかったり、毛穴周りの角質が不必要に厚くなったりしてしまうと、この角質が毛穴をふさいでしまうという現象が起こるんですよね。

 

こうした問題は、10代の頃はほとんど起こらない問題なのです。
なぜかというと10代の頃は、成長期ということもあって新陳代謝が非常に活発なので、古い角質もきれいにはがれ落ちやすくなっているんですよ。
ですが、大人になるとどれだけ美容に気を使っている人であっても、「10代の肌と全く同じ新陳代謝率」を維持することはまず不可能です。

 

さらに、10代の頃は皮脂分泌も活発なので、その皮脂が肌のうるおいを閉じ込め、乾燥を防いでくれる役割を果たしているんですよね。

 

大人になって新陳代謝も皮脂分泌も衰えてくると、古い角質がはがれ落ちにくくなる可能性が非常に高くなります。

 

「代謝の衰えにより皮膚組織から、新しく生まれてくる角質の量が少なくなる」ということで、どうしても古い角質そのものが残りやすくなるんです。

 

肌にたっぷりうるおいがあれば、代謝が衰えた状態になっても角質ははがれ落ちやすいのですが、乾燥肌だと角質のはがれ落ち具合にも悪影響を与えてしまいます。「一度貼った切手でもきちんと濡らせばはがせるけど、乾いた状態だとはがせない」というのと似たようなものですね。

 

「乾燥肌」というだけで大人ニキビを招きやすい!

乾燥肌の人は角質による毛穴の詰まりを招きやすいだけでなく、もうひとつ、大きな「大人ニキビ誘発要因」を持っています。

 

それは、乾燥肌の人は、角質がカサカサとひび割れたような状態になってしまっていることから、「肌のバリア機能が低下している」ということ。

 

肌のバリア機能が低下してしまうと、アクネ菌などのニキビの原因菌が繁殖しやすくなってしまうんですよね。

 

ですから乾燥肌の人は「角質が毛穴に詰まりやすい上に菌が繁殖しやすい」という、大人ニキビの2大発生原因を抱えている、という状態になってしまうわけです。

実は、大人の肌の8割は「乾燥肌または、一見オイリー肌に見えながら、乾燥が強い部分もある混合肌」であるとも言われています。
顔全体に粉がふくほどの乾燥肌なら、さすがに「私は乾燥肌だ」という自覚を持つ人も多いのですが、
軽度の乾燥肌なら「普通肌」と思い込みがちですし、オイリーな部分と乾燥している部分が混在する混合肌の人にいたっては、「自分はオイリー肌」と思っている人が非常に多いのです。

 

実際は乾燥肌の人が完全に多数派なのに、それに気がついていない人が多く、間違ったケアをしているというのが大きな問題のひとつだと考えられるわけですね。

 

乾燥肌さん要注意!大人ニキビができやすい肌とは記事一覧

 

ニキビといえば、皮質の多いオイリー肌に人にできるというイメージが強いかと思いますが、実はオイリーな感じとは全く無縁の乾燥肌もニキビができやすい肌なのです。何で?と思われる人は多いかもしれませんが、今流行りの大人ニキビの原因の一つに乾燥肌が挙げられているので、自分は乾燥肌だからニキビはできにくいと思い込んでいる人は要注意というわけなのです。それでは、一見ニキビとは無縁に見える乾燥肌にどうしてニキビが...