大人ニキビとメイク

MENU

大人ニキビに悩む人のための正しいメイク

大人ニキビに悩む人にとっての困りどころのひとつと言えば
「メイクをどうすればいいか」ということですよね。

 

メイクが肌に負担をかけ、大人ニキビを悪化させることは分かっている。
でも、いい大人がノーメイクで外に出るわけにもいかない・・・

 

そう悩んでいる人も多いでしょう。

 

でも大丈夫。ニキビを悪化させるリスクが少ない、
肌への負担が軽いメイク、というものもありますので、それをご紹介しましょう。

 

意外!?化粧下地が大人ニキビを悪化させる!?

大人ニキビを悪化させる大きな原因となるメイクといえば、
ほとんどの人がファンデーションを真っ先に連想するでしょう。

 

それも間違いではないのですが、実はもうひとつ、見逃しがちな存在があります。

 

 

それは・・・化粧下地。

 

実はこの下地というものは結構こってりしたタイプが多く、
これがニキビを刺激してしまい、アクネ菌のエサともなってしまう可能性があるわけですね。

だまされたと思って、「化粧水と美容液をたっぷりとつけてよく浸透させてから、
下地をつけず直接パウダーファンデーションをのせる」ということをやってみて下さい。
 
下地なしでパウダーファンデーションなんて乗るわけない!と思われるかもしれませんが、
化粧水と美容液でしっかりとした保湿ができていれば、意外と下地なしでもいけるものなのです。
 
ビーグレンのクレイローションやCセラムなど、
しっかりと肌の奥まで浸透する保湿コスメを使えば大丈夫ですよ。
 
ニキビの赤みがどうしても気になるから下地をつけたい!という人は、
その赤みが気になる部分だけ、下地ではなくコンシーラーを使いましょう。

 

クリーム・リキッドは手放そう

さて、大人ニキビを悪化させないためには、ファンデーションについても、
その種類を選ぶ必要があります。

 

ひと言でいえば、「肌に強烈に油分をすりこむ」ということになってしまう、
クリームファンデーション・リキッドファンデーションは使わない、というのが正解。

 

大人ニキビに悩む人が使うべきファンデーションは、パウダーファンデーションです。

 

ずっとクリームファンデーション・リキッドファンデーションに頼っていた人はパウダーファンデーションのつき具合が頼りない、と思われるかもしれませんが、肌がしっかりと保湿されていれば、意外とちゃんとつくものなんですよ。

 

 

また、パウダーファンデーションは「UVケア効果」があるものを選ぶことも大切。
 
化粧水・美容液で保湿したあと、下地を使わずパウダーファンデーションをいきなりつけるわけですから、ここでUVカットをしてもらわなければいけませんからね。

 

 

紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤が配合されたパウダーファンデーションを選べば、肌への負担は最小限で済みます。

 

紫外線吸収剤は、その吸収剤が紫外線を吸った時に成分の化学変化が起こってしまうので、おすすめできないんですよ。