大人ニキビと洗顔

MENU

大人ニキビに悩む人のための正しいクレンジングと洗顔

大人ニキビに悩む人は、「肌を清潔にしなくちゃ」ということで、クレンジングと洗顔を念入りに、必死にやるケースが多いと思います。

 

ですがそれで大人ニキビの問題が解決した人ってどのくらいいるでしょうか?

 

実際のところは、ほとんど見聞きしないレベルくらいにしか存在しませんよね。

 

クレンジングと洗顔を念入りにしているのに、どうして大人ニキビの問題が解決しないのかというと、
ひと言で言えば「クレンジングと洗顔のやり方がまずい」という可能性が非常に高い、ということになります。

 

本当に正しいクレンジングと洗顔って、どんなものなのでしょう?

 

洗顔のスタンダード「ダブル洗顔」は乾燥肌を招きやすい!?

洗顔のスタンダードといえば、まずクレンジングをしてから洗顔料を使った洗顔をする、というダブル洗顔ですよね。

 

ですがこれは、乾燥肌を招きやすい側面もあるというのをご存知でしょうか。

 

なぜダブル洗顔が乾燥肌を招きやすいのかというと、多くの人が「クレンジングの段階でさっぱり感を求めてしまうから」なんですよね。メイクの油分が少しでも残ると気になるので、念入りにクレンジングをやってしまうんです。

 

念入りなクレンジングはメイクの油汚れだけでなく必要な皮脂まで落としてしまい、その上さらに洗顔料による泡洗顔で、洗浄力の強い泡が残ったわずかな「潤いとして必要な皮脂」まで徹底的に奪ってしまうケースが、非常に多いんですよ。

 

また、泡洗顔は、それこそよほど細かい泡を作らなければ、毛穴の汚れにまで働きかけてはくれません。単に「つるんとした部分の角質」などのうるおいを過剰に奪ってしまうだけの結果になることも、多いんですよ。

 

正しいのは「細かい粒子で、ダブル洗顔不要」の洗顔料を使うこと!

では正しいクレンジングと洗顔ってどうすればいいのかというと・・・
まずは「ダブル洗顔が当たり前」「最高の洗い方は泡洗顔」という思い込みを捨てることです。 

 

むしろ「ダブル洗顔なしでも、きちんと汚れを一度で自然に落とせる洗顔料」を選んだほうがいいんですよ。もっとも、何でもいいというわけではありません。中にはそれこそ「一度に何もかも落とす」というのだけを重視して、合成界面活性剤をたっぷりと配合したものもありますからね。

 

その点、ビーグレンの洗顔料「クレイ・クレンジングクリーム」は、天然のクレイをたっぷりと使った自然派タイプの洗顔料。合成界面活性剤で強引に汚れを落とすのではなく、天然クレイならではの非常に細かい粒子と汚れ吸着の力を利用して、ダブル洗顔不要でさらっと汚れを落とすことができます。

 

使い方は泡洗顔ではなく、クレイ・クレンジングクリームをやさしく肌全体にのばすようにつけてから肌になじませ、洗い流す時に軽く指の腹でマッサージするようにするだけです。

 

今までダブル洗顔で時間をかけて汚れを落としていたのが馬鹿馬鹿しくなるほどに、簡単にすっきりと汚れ落としができますよ。

 

しかも合成界面活性剤に頼った汚れ落としではないので、さらっとした洗い上がりでありながら、肌の不自然なつっぱり感はなく、むしろスベスベとした心地よい感触が残るのです。

 

「本当にいい洗いあがりってこういうことなのか!」というのがよく実感できますよ。

 

>>ビーグレンについてのもっと詳しい情報はこちら<<

 

大人ニキビを作らない正しい洗顔方法とは?記事一覧

 

ニキビの改善・予防において一番重要になってくるのが洗顔です。ニキビといえば洗顔が重要なことは、今更説明しなくてもほとんどの人が十分に理解しているかと思いますが、正しい洗顔法を行わなければ何の効果もないどころか、却ってニキビを悪化させてしまう原因となることは全ての人がチャンと理解しているとは言えないのが現状でしょう。それでは、今回は正しい洗顔方法について解説していきながら、おススメの洗顔方法を紹介す...

 
 

ニキビに悩む女性の場合、洗顔だけでなくクレンジングも気になってくるところでしょう。今のクレンジングで大丈夫なのか?正しいクレンジング方法はどうなのかなど、気になってくる点は多いかと思います。それでは、今回はその疑問に答えるためにも、そのクレンジング方法について解説していくことにしましょう。ニキビができないクレンジング方法は?ニキビができないクレンジングのポイントは次の3つです。@まずはポイントメイ...