大人ニキビの潰し方

MENU

大人ニキビ、潰すならこのタイミングで!

ニキビは下手に潰してしまうとニキビあととなってしまうこともあるので、
「ニキビは潰してはいけない」というのが定説になっていますが、
実は「潰すタイミング」というのを間違えなければ、きれいに、早く大人ニキビを治せることもある、というのをご存知でしょうか。

 

ここではそのコツをご紹介します。

 

潰していいニキビと潰してはいけないニキビ

ニキビには「潰していいニキビと、潰してはいけないニキビ」が存在します。

 

では潰していいニキビとはどういうニキビかというと・・・

 

「黒ニキビおよび、白さがはっきりと目立っている白ニキビ」です。

 

これらはちょっと押し出すだけで、無理なくニキビの芯である「コメド」を出すことができるんですよね。ニキビを潰すなら、このタイミングを逃さないことが大切です。

 

たとえ白ニキビであっても
「まだ皮膚の奥のほうにしか芯が見えない、白い芯が見えない」
という程度のものは、潰そうとするとかなり無理な押し出しが必要になりますから、
これは潰してはダメですよ。

 

赤ニキビや黄ニキビなど、炎症を起こしたり
膿を発生させてしまっているようなニキビは、絶対に自分で潰してはいけません。

必読!ニキビを潰すリスク

当たり前ですが、ニキビを潰すことにはリスクがあります。

 

「潰してもいいニキビ」だとしても、潰すことに失敗したり正しい手順でやらないと
凸凹のニキビ跡になったり、赤くなったり、その後のケアを怠るとぶり返したりすることがあります。

 

コメドプッシャーなどの専用器具や自信がない方は、無理にニキビを潰さずに
スキンケアでニキビの鎮静化をはかりましょう。

 

「潰していいニキビ」の潰し方

さて、黒ニキビや、表皮近くまでニキビの芯が来て

白さがハッキリしている白ニキビなどは「潰していいニキビ」に該当するわけですが、
もちろん「どんな潰し方をしてもいい」というわけではありません。

 

絶対にやってはいけないのは、
「毛穴の両側から爪を立てるようにしてぐっとコメドを押し出す」というやり方。

 

これは、雑菌が毛穴に入りやすいだけでなく、爪を肌に刺すような形になってしまい、肌に大きなダメージを与えてしまいます。

 

最悪の場合は、毛穴にも強い力がかかりすぎて、毛穴を潰してしまうことも。

 

「じゃあ爪を使わず、指の腹で押し出すならいいのか」というと、これもちょっと問題。

 

指の腹ではうまく押し出しすることが難しいので、
ついつい力を入れすぎてしまいやすくなるというリスクがあるんですよ。

 

無理せずコメドを押し出すためのポイント
お風呂に入る

まず、タイミングは
「湯船にしっかりとつかって、体をよく温めたお風呂上がり」を狙います。

 

体がよく温まっていると、肌自体もやわらかくなって弾力性を持ち、
コメドを押し出しやすくなるんです。

 

 

素手でやらない

そして、コメドは素手で押し出すのではなく、「コメドプッシャー」などと呼ばれる
コメド押し出しの専用器具を使いましょう。
コメドプッシャーは薬局や通販などで簡単に入手できます。

 

 

 

コメドプッシャーがない場合は、清潔な綿棒を2本使って
綿棒の頭で毛穴を軽く挟むようにして押し出してみるといいでしょう。

 

ただし、コメドプッシャーを使うにしても、綿棒を使うにしても、
「強い力でぐいぐい押し出す」というのはやはり肌に負担をかけますのでやめましょう。

 

「軽めの力で押す程度にする」という力加減は忘れないようにして下さい。